ike3022のブログ

強く咲きたいな。

長女はガッツ石松♡♡


こんな感じです。雨です。


と言うことは、いつも以上に陽気になってやるDayなのです。


長女の事。


私。23歳。少し大人になりかけの頃 長女誕生


出産直後の初対面。


〈 可愛・・い・い? ん?ん? 似ている ガッツ石松に 〉


その時も元旦那は、居るはずなく。一人大爆笑


この長女。産まれた時から、【 芯の強い赤ちゃん 】


全く、手がかからない。【 意地の強い赤ちゃん 】


だだをこねない。大声で泣かない。居るか居ないか分からない 【 自立した赤ちゃん 】


なので,可愛げが全くない。親は可愛いと思いたい。


長女小学校低学年 学校からの宿題 〈私の出生時〉 インタビュー形式


長女 ( ○○○が産まれた時どんなだった? )


私 〈 あぁー。猿? 〉


長女 ( ○○○が産まれて初めて見てどう思った? )


私 〈 ちょーガッツ石松に似ていたから、母、一人で腹抱えて笑った 〉


長女 ( ・・・・・・・・・・・・? )


私 〈 笑ったから、お腹がちょー痛かった 〉


長女 ( ○○○の名前の由来は? )


私 〈 あぁー。お父さん〔元旦那〕が付けた。なんでも初恋の人の名前らしいぞ。綺麗な人だったと。良かったな 〉


後日。授業参観 しっかりそのまま書いて、教室の壁に貼られてました。


こいつ~。と思いましたが 【嘘はつくな】教えたの私。長女は守った。偉い。


長女に徹底して教えた事。【周りへの感謝と気遣いと心配り】


我が強い長女には、徹底して、優しさを人との繋がりの大事さを伝えた。


長女高校生。バイトで顔面半分大火傷。美容師の夢は無くなったかな?と思った。


長女の不注意でやった事。だったが,店長、オーナーが謝罪に来た。


店長とオーナーに長女は 〈 自分でやらかした事に謝られたら、自分が母に怒られるからいいです。〉


            〈 母は、店長やオーナーに怒りませんから大丈夫です。〉


と、言ったらしいが,丁寧に謝罪されこちらが逆にすみません。バイトの身で労災もおりた。


丁度、お盆最終日。沖縄中大忙し。長女もまた地域の青年会でエイサーを演舞する予定だった。


店長とオーナーが帰られた後


長女から説明を受ける。完全完璧な長女の不注意  で


私。説教。 〈○○○の不注意で何人の人の予定がくるったとおもう?まして今日はお盆だよ〉

    

      〈店長さんもびっくりしたはずよ 可哀想に、周りを考えもっと自分に責任を持ちなさい〉


説教後、着付けの手伝いなら出来ると青年会へ行った長女


さすがに言い過ぎたかな?と反省の私


三週間後 〈何という事でしょう〉←ビフォーアフター風にお願いします。


若いってすごーい。脱皮したぁ~。顔面半分美肌。ツルツル


バイト復帰日。店長、オーナー、スタッフの皆様へ謝罪とお礼をするようにとお菓子を持たせた


青年会へは、こりゃ。財布痛かったが、オリオンビールを1ケース 持たした


そんな長女、美容師になりました。幼稚園からの夢叶えました。


バイトに専門学校、夜中の2時頃に帰り、朝7時に学校へ 運転免許もその合間に取得


産まれたての意地と芯の強さをフルで使っております。


長女、最近、言います。


〈 あのハードな学生時代に比べたら今は大好きな美容師の修行だけだから楽チン。毎日enjoyしてるよ 〉


〈 お母さんの教え方はめちゃくちゃ破天荒だけど、接客業にとても大切な事だった 〉


まぁ~。大人になったな。ガッツ石松


ちなみに長女よ。水商売という接客のプロがあなたの両親。あなたは接客業界のサラブレットです。


あっ。今はガッツ石松ではなく。


美容をこよなく愛する綺麗なお姉さんです。親バカです。


長文になりました。すみません。


今日も1日よろしくお願いします。


皆様、今日も穏やかにお過ごし下さい。




 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。