ike3022のブログ

強く咲きたいな。

自殺志願者から自死遺族になって


こんにちは。


私には、似合わない、真面目なタイトルです。



10代~20代前半まで〈自殺志願者〉でした。


リストカットの傷は、くっきり数ヶ所、残ってます。


10代の頃は、どうしてかな?いじめ?


今。思えば、いじめだったのかな?


正直。【 死 】を美化してました。


自分の事だし、自分の身体だから、別にどうでもいい。


苦しい。辛い。10代の苦しみ。悲しみは、うーん。〈 竜巻 〉みたいです。


ずぅーとグルグルまわり、渦の中から出れません。


渦の中から出るには、相当の勇気と根性が必要です。


助けを求めようとは、なかなかしません。だって自分が主役ですので、気づいて欲しいと願ってます。


20代の頃は、長男が2~3歳。私は、21~22歳。


生活苦と借金苦。


これは、〈 地震 〉みたいです。足元から崩れ落ちていくのがわかります。


財布にはお金がない。借金取りはいる。元旦那は、どこ?


って感じでした。子供がいるのに~と思われますが、そこは


自分がいない方が、子供も幸せと当時は思っていました。


リストカットは、自己アピールです。気づいて。私を見て。の最大限の主張です。


共通して思うのは、〈 自分は一生懸命、生きている 〉と思ってた事。


違うんですよね。〈 自分は、一生懸命、まわりに生かされてる 〉


そう教えてくれたのが、両親と子供と友人達。


もし、今、自死を考えている方がいるとしたら、


悩み考えるんじゃなく、見て、感じて欲しい。


一人でも、あなたの目を見てくれる方がいたら、生きているを感じて欲しい。


私を自殺志願者から救った父は、半年前。自死しました。


病気を苦にしてだと。本人に確認しないとわかりませんが


後でまた聞いてみます。


自死遺族となった。今。普通の生活が何か欠けてるんです。


時間もとても長く感じます。どんなけの時間を父と毎日居たのだろ?と思います。


子供より、一緒の時間が多かった。


自分を生きるんじゃなく、子供や友人と一緒の自分を生きたい。


そう思います。


寝てるだけでも、遊んでいるだけでも、いい。呼吸だけは、自ら辞めないで欲しい。


まず、明日だけでも生きてみよう。明後日の事は明日考えよう。


自死遺族の皆様へ


辛いですね。悲しいですね。悔しいですね。

でも、楽しそうな笑顔を知っているのも私達です。

その♡笑顔♡大事にして行きましょうね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。